効率的な郵便発送処理の実現

郵便料金計器が切手の代わりになる郵便料金スタンプを自動でプリント。切手の購入や貼り付け作業は不要です。複雑な郵便料金の計算や管理さえ必要ありません。自動化により、発送作業がスムーズになり、経理業務の負担も軽減されます。

さまざまな郵便物の料金も簡単に算出。

一体型の電子スケールにより、定形・定形外・ゆうメール (旧冊子小包)、国際郵便 など、さまざまな形や厚さの郵便料金の計算が簡単かつ正確に算出することができます。配達記録・郵便区内特別郵便物など、各種郵便サービスの郵便料金も即座に計算ができます。

切手貼付け作業は不要。

算出した郵便料金分のスタンプを郵便物に直接プリントするので、切手を貼る手間がなくなります。切手貼りに費やしていた手間と時間がなくなるので、発送業務がスムーズになることは間違いありません。他の有益な業務に時間を使うことができるようになります。

※機械に通せない大型の荷物などは、シールになっている専用のラベルにプリントしたものを郵便物や荷物に貼り付けるだけで、切手と同じようにあつかうことができます。

経費管理の負担を軽減。

切手が必要なくなるので、購入資金としての小口現金や、切手そのものを管理する必要がなくなります。郵便経費として管理しなければならないものが最小限におさえられ、わずらわしい作業を大幅に簡略できます。

部門別の集計をする手間を解消。

部門ごとの件数・金額のデータ収集機能により、どの部門が何通出して、その合計額はいくらになるのかが一目瞭然。月ごとの使用合計額・残額も簡単に確認できます。利用状況は機器が正確かつ自動で管理するので、わざわざ集計する必要がなくなります。

ご質問・お問い合わせはフリーダイヤル 0120-00-9537 お問い合わせフォームはこちら